ブログ

高校生の定期テストの重要性

こんにちは! 理数専門塾サピオ(岡山・倉敷)の梶田です!

 

多くの高校では現在、1学期中間テスト期間ですね。

がんばっていますでしょうか。高校生は科目数が多いので

テストが4日~5日間くらいあります。期間中に

中休みがあったり、土日を挟んだ場合は前半と後半に

わけて勉強のスケジュールを組みやすいのですが、

月曜から金曜まで続けて5日間という日程の時は

2週間程度の勉強スケジュールを立てておかないと

なかなか全教科をフォローしていくことは

難しいと思います。

 

1~2日目の科目はテスト前1週間を使って

手厚くテスト勉強をしますが3~5日目の

科目は貯金がなくなり、翌日のテスト勉強を

徹夜をしていたちごっこでこなしていくという

生徒はたくさんいるようです。

 

多くの高校では1学期に2回、2学期に2回、3学期に1回

定期テストがあります。年に5回も4~5日のテストがあるので

高校生は大変ですね。さらに実力テストや郊外模試もあるので

平均すると1ヶ月に1回くらいテストがあることになります。

 

高校生のみなさんは定期テストの重要性

どうとらえているのでしょうか。

 

まず推薦で大学進学を視野に入れている場合は評定が必要なので

定期テストで良い点数を取ることは必須だと思います。

 

考えるべきは一般入試で大学受験を考えている生徒たちです。

 

高校受験と大きく異なる点ですが、一般入試では評定は合否に

全く考慮されません。ですので、定期テストで良い点数を

取ることが直接入試に影響することはないのです。

 

極論、定期テストで0点(赤点)をとっても補修などうけて

単位さえもらえればよいということになります。

 

こういったことを踏まえて、「定期テストにどう取り組むか

ということを考えていく必要があります。

 

高校生になると定期テストに価値はないので、実力テストや

郊外模試に力を入れると言い切る生徒もいます。3年生になると

そういった声はより多くなります。

 

また、定期テストは実力テストや郊外模試で点を取るための基本知識や

基礎力を身に付けるためのテストなので、1段ずつ階段を

のぼっていくうえでとても重要という考えもあります。

 

私はどちらも正解だと思いますが、考える視点を少し変えて

最終の大学受験に向けてすべてのテストが

「そのときそのときの自分の力、立ち位置を確認できる材料」

ととらえるのがよいのではと個人的には思います。

 

①定期テスト 基礎知識、基礎力

②実力テスト 応用力、立ち位置、弱点

③郊外模試  応用力、立ち位置、弱点

 

どこに重きをおくというのは生徒一人ひとりが自分の現状や

志望する大学などをしっかり把握して、限られた時間の中で

調整しけばよいと思います。

 

効率良く勉強していくために、こういったことも少し考えて

勉強のスケジュールを立てていくのもよいのではないでしょうか。

 

ちなみに私は現役の高校生だったときは②③のみ重要と考えて

いました。現在指導する立場になってからは

①をある程度は重要視しています。

 

 

もちろん、中学生に関しては定期テストで

良い点数を取り評定を稼ぐことは、高校受験に

おいて、とてもとても重要ですので、

 

サピオでは力を入れていますよ!

定期テスト対策.jpg

 

 

・保護者様へ

理数専門塾サピオ(岡山・倉敷)の詳細な説明や勉強に関するご相談等、

お気軽にお問合せください。

 

個別に保護者説明会をご案内させていただきます。

中学生・高校生対象のイベントも定期的に

行っておりますのでHPでご確認ください。

 

理数専門塾サピオ 京山校・倉敷南校  管理 梶田 真弘

2024/05/15 講師ブログ   Fujii
≪ 2024年度 サピオ入試結果     高校数学につまずいてしまったら ≫
お気軽にお問い合わせ下さい

TEL 086-253-1775

受付時間:平日
9:30〜18:30