ブログ

二学期中間テスト‼

こんにちは!

 

理数専門塾サピオ講師の岡です。

 

二学期中間テストの時期がやってきましたね。

 

本ブログ執筆時10/21現在、早い学校だともう返却が始まっています。

 

 

サピオでもすでに返却された生徒が一名。

 

中3の生徒で5教科合計452点!!

 

いい感じに先陣切ってくれました。他の生徒もこれに続いてほしいところです。

 

 

中間テストがまだ実施されていない学校でも、残された時間は少ないと思いますが、最後の一秒まで粘って少しでも良い点目指しましょう!!

 

テスト前の休み時間で覚えた単語で拾える問題もきっとあります。

 

 

理数専門塾サピオの詳細な説明や勉強に関するご相談等、ぜひお気軽にお問合せください。

 

 

 

個別に保護者説明会をご案内させていただきます。

 

 

 中学生対象のイベントも定期的に行っておりますのでHPでご確認ください。

 

 

 

理数専門塾サピオ 講師 岡 直樹

≫ 続きを読む

2023/10/26 講師ブログ   tano

朝勉のすゝめ

こんにちは!

 

理数専門塾サピオ講師の岡です。

 

夏の暑さも落ち着いて過ごしやすい時期になってきましたね。

季節の変わり目、お互いに体調管理には気を付けましょう。

 

さて、今回お話するのは朝早く起きて勉強する朝勉についてです。

 

勉強に限らず言えば最近は朝活なんて言われたりしていますね。

 

私も中3高3の受験期には5時頃に起きて、二時間半ほど朝勉していました。

今は朝が完全にダメになってしまい、できる気もしませんが…

 

当時を思い返してみると朝勉はなかなか良いものだったと思います。

 

夏はまだ気温が上がる前、少し涼しく感じる時間。

猛烈に暑い昼間よりは捗りました。

 

冬の朝勉は最高です。

 

早朝の澄んだ空気の中毛布にくるまり、温かい飲み物を飲みながらする勉強。

私は冬の朝勉の時に一番頭が冴えていたように思います。

 

 

朝が苦手な方はなかなか難しいかもしれませんが、可能であれば朝勉ぜひ一度試してみてください。

 

 

 

理数専門塾サピオの詳細な説明や勉強に関するご相談等、ぜひお気軽にお問合せください。

 

 

 

 

 

 

 

個別に保護者説明会をご案内させていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 中学生対象のイベントも定期的に行っておりますのでHPでご確認ください。

 

 

 

理数専門塾サピオ 講師 岡 直樹

≫ 続きを読む

2023/10/15 講師ブログ   tano

解答には根拠をもって!

こんにちは!

理数専門塾サピオ講師の岡です!

 

今日言いたいことはズバリ一つだけ。

 

 

答えが不適だった場合もう一度よく考えてから再度解答すること。

 

です。

 

 

四択の問題で、

 

「③です!」

 

違う。

 

「じゃあ、①?」

 

違う。

 

「②ですか?」

 

違う。

 

「④かぁ…」

 

 

なんてやってしまったり、

(サピオではこんなことは起こりません。選択肢を選んだ理由をしっかり聞くので。)

 

 

数学で、符号のミスが多い生徒が

 

「x=-6です!」

 

残念。

 

「だったら、+6?」

 

 

のように、ミスした問題を再考せずにまた答えること、絶対にやめてください

 

 

勉強で大切なことは答えを当てることではありません。

 

次に同じような問題が来た時に一発で根拠を持って正解を出せることです。

 

 

四択の問題で間違えたなら、自分が選んだ選択肢はどこが不適だったか、

 

次に選ぶ選択肢はなぜ選ぶのか。

 

しっかり根拠を持って回答しましょう。

 

 

数学の問題でミスをしてしまったら、立てた式は合っているか、

 

計算ミスはしていないか、

 

移項の際の符号は大丈夫か、

 

色々確認してから再度答えを出しましょう。

 

 

ただ、この際気を付けないといけないのが、ミスは一か所とは限らないことです。

 

途中式の最後のミスに気が付いても、もっと前の部分でもミスをしているかもしれない。

 

しっかり全体を見直しましょう。

 

 

サピオでは解答の根拠をしっかり聞きます。

 

次に出される問題で同じミスをしないよう、徹底指導いたします。

 

 

 

理数専門塾サピオの詳細な説明や勉強に関するご相談等、ぜひお気軽にお問合せください。

 

 

 

個別に保護者説明会をご案内させていただきます。

 

 

 

 中学生対象のイベントも定期的に行っておりますのでHPでご確認ください。

 

理数専門塾サピオ 講師 岡 直樹

≫ 続きを読む

2023/10/02 講師ブログ   tano

真空の力

こんにちは!

 

理数専門塾サピオ講師の岡です。

 

 

先日の釣りで、昨年末に購入したものの、なかなか出番がなく眠っていた、大きなクーラーボックスを初めて使用しました。

 

60ℓの大容量で底面が真空になっているものです。

 

使ってみて私、感動しました。

 

氷が全く溶けないんです!

 

どのくらい溶けないかというと、帰宅後にクーラーボックスを洗浄、氷を戻して一晩置く。

なんて実験をしても、前日の朝5時に入れた氷が翌日の昼過ぎまで2/3程度は残っているほどです。

 

 

氷の量・質、真空になっている面以外の断熱性能、外気温など、真空以外の条件が余りにもそろっていないので、真空がどれほど断熱性に優れているかは一概には言えません。

 

しかし、真空が熱を伝えないのに一役買っているのも間違いありません。

 

 

熱とは物体を構成する分子の運動の激しさによって決まり、激しく動いているものほど、大きな熱エネルギーを持ちます。

 

そんな熱の伝わり方は3種類あります。

 

①伝導

 

 

熱された激しい分子の激しい動きが隣の分子にぶつかって、伝わっていくことです。

 

例を挙げると、フライパンの熱している部分から周囲がだんだんと熱くなっていくこと。

 

 

②対流

 

液体・気体が移動して熱が伝わることを指します。

 

熱々の味噌汁の中で味噌がうねうね動くアレも対流です。

 

 

③放射

 

電磁波の働きによって物質の分子の運動が大きくなることで、オーブントースターやストーブなどに用いられています。

 

 

この3つのうち伝導、対流は真空中では熱を伝えることができません

 

クーラーボックスの氷は地面の熱が伝導して溶けていくので、底面の一面だけでも真空加工されていると、氷の持ちが変わってくるのでしょうね。

 

 

ちなみに、放射は周囲が真空でも他の物質に熱を伝えることができます。

 

太陽の熱が真空の宇宙空間を通って地球に熱を届けているのもこのためです。

 

 

真空加工されている製品、タンブラーや魔法瓶使って見るとかなり違いがあるので、ぜひ使ってみてください。

 

 

理数専門塾サピオの詳細な説明や勉強に関するご相談等、ぜひお気軽にお問合せください。

 

 

 

個別に保護者説明会をご案内させていただきます。

 

 

 

 

 中学生対象のイベントも定期的に行っておりますのでHPでご確認ください。

 

以上、理数専門塾サピオ講師の岡でした。

≫ 続きを読む

2023/09/22 講師ブログ   tano

一日に何時間勉強できる?

こんにちは!

理数専門塾サピオ講師の岡です!

 

 

サピオは夏期講習合宿といった、夏の一大イベントが無事終了し、これから通常授業に戻っていくところであります。

 

 

さて、皆さんは自分が一日に最長で何時間勉強できるか、考えたことがありますか?

 

 

一日の24時間から、睡眠、学校、部活やクラブ、食事やお風呂にかかる時間などを引いた残りの時間が、やろうと思ったら勉強できる最長の時間です。

 

当然、人によって大きく変わるものでありますし、曜日によっても差異が出るものです。

 

 

皆さんはどのくらいありましたか?

 

 

この時間、まずは一日、精一杯勉強に充ててみましょう。

もちろん、適度な休憩は取りながらで構いません。ぶっ続けでやるとパフォーマンスが落ちてしまいますから。

 

 

やってみれば実際できないことも無いと思います。

 

というのは大きな自信になります。

 

 

先に述べた合宿では中3生が一日最長9時間の勉強を三泊四日で行いました。

 

参加した生徒から「自分で頑張ればたくさん勉強できた。」「意外と短く感じた。もっとできそう。」などといった感想がありました。

 

 

やってみたら意外とできるものなのです。

 

 

それを知っていれば、それ以降のモチベーションにつながります。

 

 

勉強は質も大事ですが、量も大事なものです。

 

 

質の良い勉強をたくさん行っていきましょう

 

 

サピオではそんなあなたを全力でサポートしていきます!

 

 

理数専門塾サピオの詳細な説明や勉強に関するご相談等、ぜひお気軽にお問合せください。

 

 

 

個別に保護者説明会をご案内させていただきます。

 

 

 

 中学生対象のイベントも定期的に行っておりますのでHPでご確認ください。

 

 

 

 理数専門塾サピオ 講師 岡 直樹

≫ 続きを読む

2023/08/27 講師ブログ   tano

受験生へ!

こんにちは! 理数専門塾サピオ(岡山・倉敷)の梶田です!

 

お盆もあけて夏休みも残りわずかですが、みなさん夏休みの課題は終わりましたでしょうか。

 

提出期限の日が近づいてきていますよ。

 

小中学生はメイン教科のワークは終わったけど読書感想文や絵、自由研究、家庭科などの課題がまだ終わっていないという声をよく聞きます。

 

しっかり間に合わせてくださいね。

 

 

さて、受験生のみなさん、受験に挑むモチベーションは整ってきましたでしょうか。

 

この夏ある程度の演習を積んできたと思いますので中学受験、高校受験、大学受験、それぞれの受験に向けさらに作戦を練り、計画を立て、効率良く勉学に励んでいきましょう!

 

 

 

受験までの残り時間(勉強できる持ち時間)はどれくらいあるか計算したことありますか?

 

残り〇ヶ月、残り〇日、というのはよく耳にしますが更に細かく数字化すると思いのほか時間は少なく、危機感が出てくるものです。

 

では中3生が県立高校一般入試までの勉強できる持ち時間を少し計算してみましょう。

 

今が8月中旬で県立高校一般入試は3月初旬にあるので残り7ヶ月間弱です。

 

7ヶ月間と聞くとまだまだあるじゃないか!と感じますでしょうか。

 

ではこれを週に換算すると約28週となります。どうでしょう。

 

これを時間にしてみます。

 

計算方法としては学校がある平日(月~金)は1日4時間勉強できるとしましょう。

 

土日の休みは1日7時間勉強できるとしましょう。そうすると1週間で4時間×5日間 + 7時間×2日間 = 34時間(1週間で)となります。

 

28週×34時間=952時間となります。

 

祝日や冬休み等でいくらかプラスしても残り1000時間もないですね。

 

この数字はどう感じますか?

 

残り少ないからやばいな!と感じてほしいですね。

 

これからダラダラ過ごした1時間1時間がこの1000時間から引き算されていきます。

 

この時間の使い道が合否を左右することは少し考えれば理解できると思います。

 

時間をかけることは勿論のこと、やる内容を計画的に考え効率良く頭に入れていくことも重要です。

 

もはや多くのライバルたちはモチベーションは高まっているのです。

 

計画・量・質すべてを追求していきましょう!

 

中学受験、大学受験は更に時間が減りますので、より重な時間の使い方を心がけてください。

 

 

 

先日、母体の萌昇ゼミグループ主催「中3生 夏の合宿」に

 

私も参加しサピオからも中3生が参加しました。

 

3泊4日で30時間の勉強量です。総勢80名の中3生が

 

参加してがんばりました。

 

サピオブログ写真0819.JPG

 

 

みんなと切磋琢磨してがんばったこの合宿はとても良い経験になったと思いますし、これから受験に向けての意識づけにもなったことでしょう。

 

 

受験生のみなさん!受験という大イベントに向けて前向いて全力でぶちかましていきましょう!!

 

大人になって過去を振返ったときに、こんな大イベントはその後なかなかないですよ。しっかりかみしめてください。

 

そして勝ち取ってください。

 

サピオはそんな生徒たちを全力でサポートして、一緒に大イベントに挑みます!!

 

 

 

理数専門塾サピオの詳細な説明や勉強に関するご相談等、お気軽にお問合せください。

 

個別に保護者説明会をご案内させていただきます。

 

中学生・高校生対象のイベントも定期的に行っておりますのでHPでご確認ください。

 

 

理数専門塾サピオ 京山校・倉敷南校  管理 梶田 真弘

≫ 続きを読む

2023/08/19 講師ブログ   tano

○つけのお話

こんにちは!サピオ理数専門塾、講師の岡です!

0718.png

 

最近、天気予報にない雨がよく降りますね。先日、予報を信じて窓を開けて出勤したら、部屋の中に水たまりができていて帰宅後絶望しました。

 

皆さんは晴れていても、傘や合羽はカバンに忍ばせておきましょう。雨に降られて風邪をひいてしまってはいけないので…

 

 

 

さて、今日皆さんにしたいのは丸付けのお話。

 

課題に取り組んだ後、丁寧に丸つけしていますか?

 

 

  1. 丸付けなんてやらない!解きっぱなし!

 

  1. 雑な丸付けで多少のミスがあっても全部○。

 

  1. 正誤のチェックしかせず、間違った問題の解説は読まない。

 

  1. たくさん問題を解いてから一気に丸付け。

 

 

 

みたいなことをしている方、せっかくのチャンスを無駄にしてしまっているかもしれません。

 

 

正答と誤答では、誤答の方に圧倒的に成長のチャンスが眠っています。

 

自分がどこで、どうしてミスをしてしまったのか、をしっかりと解説と照らし合わせて確認することで、次にまた同じミスすることを防げます。

 

 

丸付けを適当にしている人には絶対に訪れない成長の機会です。

 

丸付けは、

 

  1. 解いた際の記憶が新しいうちにこまめに.

 

  1. 少しのミスも見逃さないように。

 

  1. 間違っていた問題はミスの原因が分かるまで。

 

しっかり丁寧にやりましょう。

 

 

二度と同じミスはするものか!の気持ちで丸付けすれば、一つの課題で今までよりも多くの力をつけることができるでしょう。

 

 

そろそろ期末テストも返却されるころなので、解いて終わり。ではなく、振り返りをしっかり行って、自分の力を伸ばしていきましょう。

 

 

サピオではただいま夏期講習受講生大募集しています!

 

5000円分のamazonギフトカードがもらえるなど、たくさんの特典もあります!

 

詳しくは理数専門塾サピオ夏季講習ページをご確認ください。

 

この夏サピオで一緒に学力UPを目指しましょう!

 

 

 

理数専門塾サピオ 講師 岡 直樹

≫ 続きを読む

2023/07/18 講師ブログ   tano

夏休みに入る前に必ず読んでください!

こんにちは! 理数専門塾サピオ(岡山・倉敷)の梶田です!

 

中学生、高校生とも期末テストは終わり、いよいよ楽しい夏休み!!

 

と言いたいところですが、受験生にとって夏休みは受験の行方に大きく影響を及ぼす大切な期間になります。

 

受験生でない生徒も夏休みは人と差をつける(良いほう)人に差をつけられる(悪いほう)期間となります。

 

もちろん、(良いほう)になりたいですよね。

 

では、なぜ夏休みは重要なのでしょうか。

 

具体的に3点あげてみました。

 

①期間が長い

これは、単純に期間が長いので、取り組みによって大きく差がつくことは簡単に想像できますね。

 

ここで重要なのは家で集中して勉強に取り組める環境が整っていることです。勉強机はありますか?

 

机の上は整理されていますか?

 

家での集中して勉強できる環境はとても大切です。

 

整っていない場合はこの夏に向けて用意してください!

 

②学校の課題がとても良くまとめられた総復習の内容になっている

 

夏休みは期間が長いので、学校の課題も先生方が最高のチョイスをされた内容になっていることが多いです。

 

これは楽でいいですね。課題をしっかり計画的にこなすことで今後につながる内容や受験に必要な知識、問題の定着度をアップできます。

 

ですので課題は「提出するため」ではなく「脳みそに入れるため」に取り組むことが必要なのです。

 

口で言うのは簡単ですね。多くの生徒はまず期限に間に合わせることを優先しますので。でも少なくとも受験生はそういった意識で取り組まなければなりません。

 

③弱点を克服するのに最適な期間

 

個人的にこれはとても大切だと考えており、塾生にも常々口うるさく伝えています。弱点というのは、嫌い、苦手だから弱点になります。

 

ですので、気を抜いていたらできるだけ目を背けたいですし、関わりたくもない。また安易な気持ちで向き合おうとしても少し壁が出てくるとメンタルをやられてテキストを閉じてしまうということになります。わたしもそういった経験はありすぎます。

 

放っておけば傷口が広がることはわかっていても放置します。

 

では、どこで弱点を克服しますか?

 

夏休みなんです!学校の進度が長期間ストップしています。

 

腰を据えて弱点に向き合える十分な期間があります。

 

あと必要なのは覚悟だけですね。この夏に変身して一皮むけた

 

自分を見てやろう!というモチベーションです。

 

この夏休みに苦手な教科、単元を克服しましょう。特に受験生は放置していた理科・社会にも目を向けて計画的に定着度をあげていきましょう。

 

 

最後に夏休みの期間は長期間学校がないので生徒たちは勉強において監督のいないフリーな環境におかれてしまいます。

 

モチベーション、取り組みによって計画を立てて意欲的にがんばる人と、ただ課題をこなす程度の人ではかなり大きな差がつきます。

 

もちろん、夏休みの期間にしかできない遊びもありますし、受験生でない生徒は部活も忙しいかと思います。

 

すべてがんばってください!貪欲に勉強も遊びも部活も全力で向き合って充実した夏休みにしていきましょう。

 

 

勉強面においてはサピオにはしっかりサポートできる環境があり、講師がいますよ!

 

サピオの夏期講習も熱く、楽しくいきます!!

 

この夏に変身したいと思えば是非サピオへ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

理数専門塾サピオの詳細な説明や勉強に関するご相談等、

 

お気軽にお問合せください。

 

個別に保護者説明会をご案内させていただきます。

 

中学生・高校生対象のイベントも定期的に

 

行っておりますのでHPでご確認ください。

 

 

理数専門塾サピオ 京山校・倉敷南校  管理 梶田 真弘

≫ 続きを読む

2023/07/09 講師ブログ   tano

定期テスト期間何をする?

梅雨明けの報せはまだですが、近頃晴れの日が多く、梅雨が明けた気でいます。

理数専門塾サピオ、講師の岡です。

 

 

間もなく期末テストがたくさんの学校で実施されます!

 

学校によっては一学期中間テストがなかったりもするので、今年度初めての定期テストの方もいると思います。

 

 

定期テスト期間、家で何をしていますか?

 

 

・溜まった課題に追われる。

・好きな教科の勉強ばかりしてしまう。

・勉強会の名目で集まったものの、ノートも開かず友達とおしゃべり…

・部屋の模様替え。

 

 

今までにやってしまったことがある方きっといると思います。

 

 

もちろん課題は提出しなければいけませんが、課題をこなしただけで満足しないでください。大量の課題を提示する学校もありますが、課題プラスαでしっかり問題数をこなしましょう。

 

 

定期テストは課題で出されたものの類題が出ることは多いですが、なかなか一度解いただけでは身につきません。しっかり反復して、ヒントなしで解けるまで何度でも

 

問題集や参考書などであれば、取り組む際にノートを用意して、直接書き込むことを避ければ、複数回取り組みやすくなります。問題を見て解き方が頭にすぐ浮かぶ。そこまで達するのが理想ですね。

 

 

好きな教科の勉強ばかりしてしまう方の気持ち。とてもよくわかります。できる問題はしていて楽しいですし、丸付けの際に○ばかりだと幸せな気持ちになります。

 

 

なかなかやる気が出ず、とりあえず机に向かうために得意科目から。といったような動機づけには良いかもしれませんが、一辺倒になるならば苦手な科目の補強に充てるべきです。

 

 

無計画にテスト勉強するのではなく、自分がどの教科をどれほどしなければならないか。をリストアップし、先に計画を立てておけばきっと上手くいきます。

 

 

勉強会がいつの間にかパーティに変わってしまう、部屋の模様替えをしてしまう方。強い意志を持って欲望に打ち勝ちましょう。なかなか難しいですが…

 

友達との勉強会、ちゃんと勉強できるなら効果は大きいと思います。脱線してしまわないようお気をつけて。

 

部屋の模様替えは絶対にしてはいけません。恐らく人類永遠の課題です。笑

 

 

 

理数専門塾サピオでは、ただいま夏期講習受講生募集中です!

 

この夏サピオで苦手を克服し、得意を伸ばしましょう!

 

 

 

理数専門塾サピオ 講師 岡 直樹

≫ 続きを読む

2023/06/27 講師ブログ   tano

梅雨と言えば…… 

みなさんこんにちは!理数専門塾サピオ、講師の岡です!

 

 

五月の終わりごろに岡山も梅雨入りし、すっきりしない日が続くようになりましたね。

 

 

皆さんは梅雨と言えば何を連想しますか?

 

「雨」、「てるてる坊主」、「湿気」、「洗濯物が乾かない」、「蛙」、「かたつむり」、「傘」、「梅」etc.

 

雨が印象的な映画「雨に唄えば」、「言の葉の庭」、「ショーシャンクの空に」、最近でいえば「天気の子」。

 

音楽であれば、久保田利伸さんの「LOVE RAIN~恋の雨~」、福山雅治さんの「虹」、秦基博さんの「Rain」、Base Ball Bearの「PERFECT BLUE」などを思い浮かべる方もいるかもしれませんね。

 

「Rain」はカバー曲だけれども私の中の雨の曲と言えばコレなので…、「PERFECT BLUE」は雨というより夏のイメージですが、私が好きな曲なので独断と偏見で挙げました。

 

 

 

今回はそんな梅雨と言えばの一つ「かたつむり」についてお話しします。

 

なぜ「かたつむり」なのかというと先日釣りに行った際、港の波を浴びるところにいたんですよ。「かたつむり」が。

 

なんとなくイメージの近いナメクジが塩に弱いのは有名なので、かたつむりが潮を浴びるところにいたのを不思議に思い少し調べてみました。

 

 

結論から言うと、かたつむりは海水程度の塩分濃度だと、しぼみはするが死にはしないそうです。  

 

それどころか本土から1000kmも離れた小笠原諸島には、漂流物に引っ付いて海を渡り、独自の生態系を築いた仲間もいるそうです。

 

意外とタフなようです。

 

 

そんな「かたつむり」実は学校教育でよく出てくる生物なのです。

 

国語では、大昔から雨や梅雨と深く結びついた存在なので、俳句や詩の中によく顔を出します。

 

♪でんでん虫々 かたつむり~♪のフレーズは音楽の授業できっと耳にしたことでしょう。

 

そしてなんといっても社会の柳田國男『蝸牛考』(かたつむりの呼び名から方言の伝播を考察したもの)のタイトルにもなっており、しっかり主役です。

 

 

古くから日本人に身近な存在で、風物詩だったのでしょう。

 

 

では最後にクイズです。

 

かたつむりは何呼吸でしょう?

 

見た目が貝のようなので、エラ呼吸?ヒルやミミズに感じが似ているから皮膚呼吸?それとも人間と同じ肺呼吸

 

 

正解は

肺呼吸!

意外でしたか?

 

なので、雨水が溜まった場所などでは呼吸ができず、死んでしまうそうです。ちなみにナメクジも同様です。

 

 

サピオでは梅雨のジメッとした空気を吹き飛ばす元気な授業しています!!

 

 

理数専門塾サピオの詳細な説明や勉強に関するご相談等、ぜひお気軽にお問合せください。

 

 

 

個別に保護者説明会をご案内させていただきます。

 

 

 

中学生対象のイベントも定期的に行っておりますのでHPでご確認ください。

 

 

 

理数専門塾サピオ 講師 岡 直樹

≫ 続きを読む

2023/06/13 講師ブログ   tano
お気軽にお問い合わせ下さい

TEL 086-253-1775

受付時間:平日
9:30〜18:30